通塾時の子ども用に何故防犯グッズが必要なのか

保護者にとって、登下校や通塾、遊びなど、子供の生活の空間にある心配は尽きることがありません。両親ともに働くのが昨今の家庭の在り方だとすると、子供が安全に毎日の生活を送れているのかは両親にとって一番気になるところです。通学だけでなく、その後の通塾となると時間も遅くなってきますし、安全に通えているのか、簡単に知ることができるシステムがあれば、余分なストレスを作ることなく日々の生活を送ることができるでしょう。防犯ベルの普及率は高く、ほとんどの子供がランドセルや習い事用のかばんにぶら下げて持ち歩いているのを目にします、その効果も十分に証明されていますし、何かが起こった時に大きな音を出すものを持ち歩いているのは犯罪を未然に防ぐことにつながっているはずです。しかし防犯ベルだけでは、防げないこともたくさんあります。

キッズ携帯やGPS機器で居場所を確認

通塾への送迎を毎回できるわけでもない生活の中で、安心できるグッズとしてキッズ携帯や居場所を確認できるGPS機能を搭載した機器があります。小さなカメラが付いている商品もあり、何か不審なことが起こった時などに録画映像を見返すことができる機能など備えている機器なども販売されています。GPS機能搭載ですので、月々に決まった料金を支払うことで、オンタイムの居場所が両親の携帯電話やパソコンで確認できるものです。お子さんが低学年のうちや、心配が多いお子さんに持たせる親御さんが増えてきているようです。世界的には安全だと言われている日本ですが、犯罪の大小にかかわらず、毎日のようにトラブルや犯罪のニュースを目にします。大切な子供の安全な生活を守れるのは家族しかいないのです。家族と防犯しシステムの利用が子供たちの生活を守ります。

入室管理システム採用の塾なら入退室メールでお知らせ

昨今では入退室管理システムとして、入退室時にカードで機械に認識させることで、瞬時に携帯メールでお知らせしてくれるシステムが増加傾向にあります。導入コストも抑えられますし、普通に入退室時間を管理することができますので大変便利です。連絡網として複数の保護者に一括でメールを送信することができるシステムです。クラスごとの児童を管理できますし、複数の教室を一元管理することで欠席連絡なども依然よりスムーズにすることができます。こんなシステムが導入されている塾でしたら、安心して通塾させることができます。入退室時間が管理され、毎回保護者にメールが来るシステムがあれば、大体の行動予測ができますので、子供を監視することなく、程よい距離感で見守る形での防犯をサポートすることができます。子供と信頼関係を気づきながら安心して見守るシステムをうまく利用したいです。