通塾時に防犯効果の高い最新のグッズを紹介します

子供が夕方から学習塾に通う家庭も多くなっている中、子供が夜道を歩いて帰ることもあり、危険との隣合わせで決して安全とは言えません。そこで塾側として出来ることは、防犯カメラの設置や入退室の時間帯の管理などで対策はされています。子供を学習塾に通わせる親としては、子供の送り迎えや防犯グッズなどで危険に合わないように対策します。まずは、通塾の経路などを確認してみましょう。道路上で犯罪が起きるケースが多く、連れ去りが過去10年間でも減らない。そこで、コンビニやガソリンスタンドのような公共機関がある人通りが多い所を通って帰宅するように決めておくことも必要である。また、防犯ブザーのような危険を感じた時にすぐに活用できるようなグッズを身に着けるようにしておきことも必須になります。安心して通塾出来るような環境を防犯目線で作ってあげましょう。

通塾時に身に着けるグッズと効果の高い防犯対策

子供が学習塾から帰宅するのは、夕日が落ち当たりが暗くなった時間が多いと思います。そこで1つ紹介します。それは、防犯ブザーです。犯罪者は大きな音に敏感です。しかし、子供が大きい声を出しても周囲に聞こえない場合は、大人でもそうですが恐怖のあまりに声が出ないことも考えられます。そこで防犯ブザーが効果を発揮します。ただ取り付けているだけでは意味がありません。何点か注意点があります。鞄のすぐに鳴らせる所に付けられているのか。音量など周りに聞こえるようなモノなのか。子供が使うモノなので壊れにくいかなどです。さらに取り付けてから月ごとに鳴るか確認が必要だと思います。あとは、遊びで鳴らしたりしないようにすることと鳴らしたらすぐに逃げるように教えて防犯意識の向上をし、通塾の危険から守ってあげましょう。

現在の子供を守る便利なサービス

現在スマートフォンの普及で気軽に誰でもGPSやデータ通信を行えるようになりました。しかし、小学生にはまだ早いと思うことや月々の金額から断念せざるを得ないこともあるでしょう。そこで、小学生でも携帯を持てるようにと各社携帯会社からキッズ携帯が出されております。キッズ携帯には、防犯ブザーの機能やGPSの機能も付いています。さらに電話やメールも出来るようになっています。便利な機能が、防犯ブザーが鳴った場合や、電話をした際などにGPSで現在地が発信されます。また、親機のスマホからキッズ携帯のGPSを利用し、現在地の把握も出来ます。通塾中に親子で決めた経路で行っているのかが一目で分かり安心です。機種によっては、防水・防塵機能も付いており壊れにくいように設計されています。安全のために、極めて強固な手段となります。