子供の通塾時に身に着けると安心な防犯グッズを紹介します

子供の成長に合わせて増えてくるのが習い事や塾です。特に小学校の高学年になってくると、塾からの帰りの時間には外が暗くなってしまっている場合が多いです。たとえ、明るい時間に移動する小学校低学年の子供の場合でも、寄り道をする心配もありますし、意外と明るい時間帯に子供を狙った犯罪が多く起きているとも言われています。親としては、通塾の途中で犯罪等に巻き込まれないか不安なのではないでしょうか。基本的に親の送迎がいいのですが、どうしても送迎ができなくて、徒歩や自転車等で通塾している子供もいます。そんな時に持っておくと安心なのが、防犯グッズです。また、近年では、GPS機能を使った防犯のサービスも増えてきています。今回は通塾の際に身につけておくと安心できる防犯グッズについて紹介します。

通塾の時に便利で安心な防犯グッズについて

通塾の移動中に役立つ防犯グッズとして定番なのが、防犯ブザーになります。犯罪者は大きな音が出ることを嫌う傾向がありますので、すぐにブザーを鳴らすための練習をしておくと、いざというときに助かります。最近では、防犯ブザーの種類も増えて、紐を引っ張るタイプやボタンを押すタイプなどいろいろあります。また、家で手作りする防犯対策のものとして、通塾路用のマップがあります。普段の学校生活では、きちんとした通学路があり、学校によっては、班ごとにグループで登下校しますが、通塾となると明確な道順がありません。しかも基本的に1人での移動になります。ですので、家族でマップを作成し、危機回避のためのシミュレーションを考えると良いでしょう。防犯グッズと合わせて親子で、通塾の際の防犯対策を話し合っておくことがおすすめです。

ますます便利になる防犯グッズや防犯サービス

他にも、大手セキュリティ会社のサービスで、GPS機能で子供の居場所を確認できるものがあります。万が一のことが起きた場合は、スタッフが直接現地に駆けつけてくれるので安心です。また、親から子供へ直接連絡することも可能です。徒歩や自転車以外に、通塾で電車を利用するなら、ICカードを使った防犯のサービスもあります。子供が改札機にICカードをタッチすると、乗車駅や通過した時刻、残額などが、メールや専用のアプリから家族に通知されるというものです。まだ一部の地域だけのサービスですが、全国的に広まっていくことが期待されているサービスです。これらのサービスや防犯グッズの利用と合わせて、防犯に対する意識を高め、普段の通塾の移動の際には、周囲に気を配りながら歩くことを心がけるようにすると良いでしょう。